茨城デザイン振興協議会

デザインを身近に
茨城デザイン振興協議会

アクティビティ

茨城のデザイナー展2017/文化デザイナー学院 ポートフォリオ展

茨城のデザイナー展2017/文化デザイナー学院 ポートフォリオ展
期間:2017年10月24日(火)-28日(土)9:00-17:00
会場:専門学校 文化デザイナー学院 1Fギャラリー 茨城県水戸市泉町1-3-22

★入場無料★
 
10月28日(土)14:00〜 パネルトーク
「教えて! デザイナーの仕事、ポートフォリオのこと。」
パネラー
・ 寺門 圭太(フィールクリエイト)
・ 矢吹由香里((株)エヌ・ティー・ビー)
・ 飯島 夏希((株)スタジオサカ)
・ 渡部 祥寛(元 IDPC 学生会員/(株)うずまき)
<文化デザイナー学院 広告プロモーッションデザイン学科 3年生>
・ 栗原 由衣
・ 後藤  茜
 
茨城のデザイナー展2017 出品者
・ 茨城デザイン振興協議会
・(株)エヌ・ティー・ビー
・(株)光和印刷
・(株)スタジオサカ/
・(株)藤代範雄デザイン事務所
・ BRIDGE
・(株)文化メディアワークス
・(有)プラネッツ
・ 岩田 博嗣
・ 岩間 琢哉
・ 君山 拓二
・ 黒澤 文子
・ 小松崎良仁
・ 寺門 圭太
・ 中川 大輔
・ 中根 秀一
・ 西成田育男
・ 根本 正義
・ 山下 寛美
・ 渡邊 高明
 
文化デザイナー学院 ポートフォリオ展
<文化デザイナー学院 OB>
・ 赤津 光夏
・ 飯島 悠貴
・ 上遠野結花
・ 関根 亜衣
・ 高梨 成美
・ 竹越 萌野
・ 根本香奈恵
・ 古市ひとみ
・ 渡部 祥寛
<文化デザイナー学院 3年生>
・ 有賀 未来
・ 石川 日和
・ 神永 彩夏
・ 菊川 玲依
・ 栗原 由衣
・ 後藤  茜
・ 菅井巴流香
・ 立花 美帆
・ 田所 紗季
・ 橋野 美咲
・ 橋本 雪香
・ 三浦  恵
・ 矢吹 静華
<文化デザイナー学院 2年生>
・ 秋山 七海
・ 高野  遥
・ 丹野 葉月
・ 知久 瑳雪
・ 飛田みちる
・ 長谷川朋佳
 
【参加方法】
事前申し込み等は必要ありません。
参加をご希望の方は、当日会場へ直接お越しください。
 
【交通案内】
●電車・バスでお越しの場合
JR水戸駅下車、北口のバスターミナルから、大工町方面のバスで泉町1丁目(京成前)下車、徒歩約1分
水戸駅は、品川駅、東京駅、上野駅から常磐線です
●お車でお越しの場合
NEXCO東日本 常磐道 水戸インター、那珂インターから水戸駅方面に約20分
 
【主催】
茨城デザイン振興協議会
専門学校 文化デザイナー学院
 
【お問い合わせ】
茨城デザイン振興協議会 TEL:029-293-6363
専門学校 文化デザイナー学院 TEL:029-303-1010
 

チラシ PDF

スタディ・カフェ Vol2 in 水戸 〜色彩を使ったコミュニケーション〜

スタディ・カフェ Vol2 in 水戸 〜色彩を使ったコミュニケーション〜
期間:2017年9月14日(木)19:00-21:00
会場:ROUND CASE CAFE 〒310-0021水戸市南町3-4-53 1F(NHK水戸の南側)

参加費:3,000円(ドリンク別、ビュッフェスタイル)
定 員:30名(先着順)
 
茨城県デザイン振興協議会(IDPC)は様々な分野のクリエイターが集まる団体。
スタディ・カフェとは会内外からお招きした講師のトークと懇親会がミックスした2ヶ月に1回、水戸とつくばで開催するイベントです。
 
今年度のスタディカフェは、2回目になります。
今回は、色彩心理カウンセラーとしても活躍されている色彩感性士の白土祈歩氏をお招きし、「色彩を使ったコミュニケーション」についてお話いただきます。
 
デザイナーにとっても重要なテーマである「色」が与える影響や、日本人と外国人の感じ方の違いなど、興味深々な話題が満載です。
 
IDPC会員はもちろん、会員以外の一般の方や学生のご参加を広く募集します。
 
講師紹介
白土祈歩(しらと きほ)氏
・ELIXIR色彩研究所 色彩感性士
・中小企業庁(経産省 )ミラサポの専門家
https://www.kiho.biz/
茨城県在住
・ASIACT JAPAN
 (英国認定校 オーラソーマカラーセラピー プラクティショナリーブリッジ)
・日本環境アロマ協会
 1級アロマテラピーアドバイザー
 
お問合せ先
IDPC スタディカフェ 水戸 プロジェクトリーダー
中根 秀一 理事
携帯電話:090-3499-7170
 
お申込先
IDPC事務局:info@idpc.jp
 
※複数人分のお申込の場合は、参加する方全員の名前を記載してください。

スタディ・カフェ Vol1 in つくば 〜相手に伝わるコミュニケーション〜

スタディ・カフェ Vol1 in つくば 〜相手に伝わるコミュニケーション〜
期間:2017年7月7日(金)19:30-21:30 受付19:20〜
会場:Blackboard by karf Tsukuba 〒305-0834 茨城県 つくば市手代木291-3

参加費:3500円(食事付き・ドリンク代は別途負担)
定 員:30名(先着順)
 
茨城県デザイン振興協議会(IDPC)は様々な分野のクリエイターが集まる団体。
スタディ・カフェとは会内外からお招きした講師のトークと懇親会がミックスした2ヶ月に1回、水戸とつくばで開催するイベントです。
 
さて、第1回目はつくば市を中心に活躍されているフリーナレーターの佐藤美生さんをお招きし、「相手に伝わるコミュニケーション」についてお話いただきます。
 
きっと、デザインの提案や営業の場において、職場での会話等にも役立てちますよ。例えば、人前で話す上でのコツ、どんな話題が適しているか、相手のどこを見れば良いだろう?、声の出し方や表情のつくり方など、様々なシーンで参考となる話題が満載です。
 
IDPC会員はもちろん、会員以外の一般の方や学生のご参加を広く募集します。ぜひ、よろしくお願いします!
 
 
講師紹介
佐藤美生(さとうみき)さん フリーナレーター
https://www.sato-miki.com/
※Webサイトより転載
番組、VPなどの動画、CMなどのナレーションを担当させて頂いています。
私は小学生の頃、おとなしく内気な子供でした。でも教科書を音読するのは大好きで、国語の授業で先生が「ここ読んでくれる人!」というと、いつも手を上げて、読む係に立候補したものです。読書も好きな子供で、ギリシャ神話に感動して「いつか子供に語って聞かせてやろう!」と胸躍らせていました。
「narrate」とは動詞で「物語る」「話す」という意味。子供の頃からの性分か、現在はナレーターとしてお仕事させて頂いています。
ナレーションは原稿を「読む」のではなく「表現する」もの。原稿に書かれた情報を正確に伝えるだけではなく、その映像の世界観、伝えたいことをナレーションで表現する。映像や効果音(BGMやSE)、テロップに、ナレーションとその表現が上手く噛み合ってこそ出来上がる番組や作品。そんな作品作りにナレーターとしてひとつでも多く携わっていけたら嬉しいです。

ミック・イタヤ氏講演会「視点 ヴィジュアルアート」

ミック・イタヤ氏講演会「視点 ヴィジュアルアート」
期間:2017年2月14日(火) 16:30開場/17:00開演
会場:専門学校 文化デザイナー学院・6階講義室 茨城県水戸市泉町1-3-22

茨城デザイン振興協議会では、専門学校文化デザイナー学院と共に、毎年、一線で活躍するクリエイターを招いて、デザインを広く理解していただけるよう講演会を開催、一般公開をしております。今年度は、グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、空間デザインなど幅広いデザインを手掛ける一方で、意欲的に作品を制作、個展などで発表を続ける、水戸出身のヴィジュアルアーティスト、ミック・イタヤ氏と水戸在住のアートディレクター、西成田育男氏の対談形式の講演会を開催いたします。ミック・イタヤ氏のデザインワークや作品を紹介しながら、デザインとダブローの関係やヴィジュアルアートの可能性、そして地域の特性を生かしたデザインワークなどを、話しあっていただきます。
入場無料、お申し込み不要で、どなたでも参加可能です。
ぜひご参加ください。
 
 
【参加方法】
事前申し込み等は必要ありません。
参加をご希望の方は、当日会場へ直接お越しください。
 
【交通案内】
●お車でお越しの場合
会場周辺のコインパーキングをご利用ください。
※駐車費用は各自でご負担ください。
 
●電車・バスでお越しの場合
JR水戸駅下車、北口のバスターミナルから大工町方面のバスで泉町1丁目(京成百貨店前)下車、徒歩約1分
 
【主催】
茨城デザイン振興協議会
専門学校 文化デザイナー学院
 
【お問い合わせ】
茨城デザイン振興協議会 TEL:029-293-6363
専門学校 文化デザイナー学院 TEL:029-303-1010
 
 
 
ミック・イタヤ氏プロフィール
MIC*ITAYA
 
多摩美術大学卒業。流麗な線と明るい色彩で自然や神話の世界を表現、雑誌、広告、音楽、ファッション、ステージ、空間デザイン、プロダクトデザイン、出版等各分野で活躍し個展も多数開催する。UNIQLOユニクロ創立時のロゴマーク、東京スカイツリー「ソラマチ」の壁画やオブジェ、鏡の作品「MIRRORS」、和の照明器具「すずも提」はグッドデザイン賞を受賞。
BEAMSのブランド「BEAMS LIGHT with MIC*ITAYA」のストーリーとデザインなどがある。
’80年代にデザイン出版したカセットマガジン「TRA」は、MOMAニューヨーク近代美術館に永久保存されている。
 
 
 
flyer

クリエイターの年賀状展2017

クリエイターの年賀状展2017
期間:1月14日 - 1月22日 11時~18時 ※最終日は17時終了
会場:備前堀みゃーずきギャラリー(茨城県水戸市白梅4-7-4)備前堀沿い

備前掘 みゃーずきギャラリー
雑貨店「MYA-ZUKI」となり
※14日《土》は13時よりオープニングイベント開催予定
 
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。
 
IDPCではクリエイターの年賀状展を今年も開催します。
多くの作品が展示されます。ぜひ、ご来廊ください。
 
《常陸大宮巡回展 開催予定》
【日  時】1/28《土》~2/6《月》 10時30分~18時30分 ※日曜・祝日定休
【場  所】カフェ・バンホフ(茨城県常陸大宮市上町932)
 
《つくば巡回展 開催予定》
【日  時】2/20《月》~2/28《火》 10時~17時 ※土曜・日曜・祝日定休
【場  所】GOODWORK COFFEE(茨城県松代2-10-3 中山ビル1F)
 
nenga_idpc_2017_ol_s

こんにゃくのワークショップの日付の誤りのお詫び

こんにゃくのワークショップの日付の誤りのお詫び
期間:2016年10月22日(土)午後1時〜
会場:旧上岡小学校 茨城県久慈郡大子町上岡957−3

「まるまるこんにゃくとトートバッグをつくろう」の日付が、一部の資料で誤りがありました。
正しくは、10月22日(土)です。
ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

KENPOKU ART 2016 – 日渡の里プロジェクト 40人のクリエイターの40枚のポスター展

KENPOKU ART 2016 – 日渡の里プロジェクト 40人のクリエイターの40枚のポスター展
期間:2016年10月8日(土)~11月20日(日)
会場:旧上岡小学校 茨城県久慈郡大子町上岡957−3

茨城県北芸術祭にて茨城デザイン振興協議会(IDPC)では、「40人のクリエイターの40枚のポスター展を開催します。
 
茨城県内でも最古の小学校施設として登録文化財に指定されている、茨城県大子町にある旧上岡小学校。そこを会場に地元、上岡地区と山田地区にすむ方々にご協力をいただいて、40枚プライベートポスターを教室内に展示します。
中産間地域特有の里山の暮らし本当の豊かさの中で生きる、日渡の里」の人々の穏やかでやさしい笑顔に触れていただければと思います。ぜひ、お越しください。
 
【時間】
9時半~16時半
※オープニング(10月8日 土曜日)は 10時
 
【主催】
茨城県北芸術祭実行委員会
 
【企画・運営】
茨城デザイン振興協議会
 
【協力】
㈱ホンダ産業
旧上岡小学校保存の会
 
日渡の里プロジェクト 40人のクリエイターの40枚のポスター展 チラシ

KENPOKU ART 2016 – 日渡の里プロジェクト[大子町]プロジェクト説明会

KENPOKU ART 2016 – 日渡の里プロジェクト[大子町]プロジェクト説明会
期間:2016年6月14日(火)19:00~21:00
会場:専門学校 文化デザイナー学院 茨城県水戸市泉町1-3-22

2016年、私たちは、県北の風景をデザインします。
 
★興味のある方は、ご入会を検討してください。学生会員は、入会金、年会費が無料です。★
 
今年度は茨城県北芸術祭への参加に伴い、「山の暮らしとそこに住む人々をデザインする」をテーマに県北の地域(大子町上岡地区)の豊かさを紹介します。
この事業はIDPC会員全員が一丸となって、企画・実行するプロジェクトです。
また、学生会員の新設(入会費・年会費無料)及び、法人会員の登録制限の撤廃よって多くの会員が参加可能となり、6つのプロジェクトプランを用意しています。
 
ついては、下記の通りキックオフ説明会を実施します。
会員はもちろん、学生会員に興味のある専門学校生、大学生の皆さま、ぜひ、お集まり頂くよう、どうぞよろしくお願いします。
 
 記
 
(1)6つのプロジェクトプランの説明
(2)学生会員について(特典と入会のお申し込みの説明)
(3)プロジェクトプランのチーム編成およびリーダー選出
 
お問い合わせ
 IDPC日渡の里プロジェクト窓口
 担当:荒井 電話:029-303-1010
   (文化デザイナー学院内)

伊藤有壱氏講演会「ネオクラフトアニメーションの世界」

伊藤有壱氏講演会「ネオクラフトアニメーションの世界」
期間:2016年2月8日(月) 16:30開場/17:00開演
会場:専門学校 文化デザイナー学院 茨城県水戸市泉町1-3-22

NHK Eテレ「ニャッキ!」や松竹110周年記念事業・劇場発信型ショートアニメーション「NORABBITS’ MINUTES」、ミスタードーナツ「ポン・デ・ライオン」など、クレイを中心に映像分野で幅広く活躍するアニメーションディレクター 伊藤有壱氏の講演会を開催します。
入場無料、お申し込み不要で、どなたでも参加可能です。
ぜひご参加ください。
 
 
【日時】
2016年2月8日(月) 16:30開場/17:00開演
**入場無料**
 
【会場】
専門学校 文化デザイナー学院 6階講義室
茨城県水戸市泉町1-3-22
 
【参加方法】
事前申し込み等は必要ありません。
参加をご希望の方は、当日会場へ直接お越しください。
 
【交通案内】
●お車でお越しの場合
会場周辺のコインパーキングをご利用ください。
※駐車費用は各自でご負担ください。
 
●電車・バスでお越しの場合
JR水戸駅下車、北口のバスターミナルから大工町方面のバスで泉町1丁目(京成百貨店前)下車、徒歩約1分
 
【主催】
茨城デザイン振興協議会
専門学校 文化デザイナー学院
 
【お問い合わせ】
茨城デザイン振興協議会 TEL:029-293-6363
 
 
 
伊藤有壱氏プロフィール
 
1962年東京生まれ。東京藝術大学美術学部デザイン科卒後、1988年までSFXプロダクション(株)白組に在籍。1988年CGプロダクション(株)アクセスの設立に参加、取締役に就任。1995年より3年間のフリーランスを経て1998年I.TOON Ltd.を設立。同代表。
 
日本アニメーション協会理事
東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻教授
大阪芸術大学キャラクター造形学科客員教授
 
代表作
NHK Eテレ「ニャッキ!」
NHKみんなのうた「グラスホッパー物語」
松竹 110周年記念劇場発信型ショートアニメーション 「NORABBITS’ MINUTES」
ミスタードーナツ「ポン・デ・ライオン」TVCM
宇多田ヒカル「traveling」、「SAKURAドロップス」PV
平井堅「キミはともだち」PV
オリジナル短編アニメーション「HARBOR TALE」
クレイアニメ制作ソフト「CLAY TOWN」プロデュース

クリエイターの年賀状展2016

クリエイターの年賀状展2016
期間:1月9日 - 1月17日 11時~18時 ※最終日は17時終了
会場:みゃーずきギャラリー(茨城県水戸市白梅4-7-4)備前堀沿い、雑貨店「MYA-ZUKI」となり

2016年の年頭に、県内で活動するクリエイターたちの年賀状展を開催致します。2016年から年賀状展のテーマを干支に決定。2016年の干支は「さる」。さると言っても、申、猿、去るなど、解釈は色々。
日頃、様々なメディアで活躍するクリエイターたちの多様な表現で制作する年賀状を集めて展示いたします。
是非、ギャラリーにお出かけ頂き、ご高覧くださいますようお願い申しあげます。
 
※駐車場は、ギャラリー前に3台ありますが、空いてない場合は、お近くの有料駐車場をご利用ください。